おめんぱんだのひたすら街歩き

大好きな街の景観と都市の変化を散策しています

【首都高沿いを全線完歩-1号羽田線編】 ②ふたえの道

おめんぱんだです

 

前回に続き浜崎橋付近にいます
f:id:omen-panda:20210502204202j:image

 

前回はほぼスタート地点で

終わりましたので

今回はがっつり進みましょう!

 

おしらせ】

twitterでブログの更新情報や

街歩きで見つけた写真も投稿中

ぜひフォローしてくださいね

 

浜の『ディフェンダー』

さて羽田方面へと

歩みを進めましょう
f:id:omen-panda:20210502204051j:image

 

おっと

 

左手側に緑色の物体が??
f:id:omen-panda:20210502205014j:image

 

あっ

これ水門なんだ
f:id:omen-panda:20210502204757j:image


f:id:omen-panda:20210502204744j:image

首都高や数々の高層ビルが立ち並び

ここが海辺である事を感じさせない程に

発達した都市

 

平時は気付かない数々のインフラが

回りまわって私たちの暮らしや

都市を支えているんですね

 

地名の通り

ここは『浜』を感じさせますね

 

さてそろそろ進みましょう

 

ふたえのみち

 羽田線が弧を引き込んでいます
f:id:omen-panda:20210502203935j:image
f:id:omen-panda:20210502204059j:image

ここではC1都心環状線から

羽田方面に向かう流れを

引き込んでいます

 


f:id:omen-panda:20210502203945j:image
(徐々に)
f:id:omen-panda:20210502204224j:image

(分かち合う)


f:id:omen-panda:20210502204017j:image

(そして完全に交わる)



こうして交わると

下の道幅いっぱいに

首都高が重なる様に拡がります
f:id:omen-panda:20210502204837j:image

 

 

ところどころ

柱の形が違うものがあり

ちょっと気になりますね

f:id:omen-panda:20210502204533j:image

柱には『台』の文字??

 

この丸い柱の正体は

しばらく後に分かることに

 

首都高の真下に入ってみました
f:id:omen-panda:20210502203640j:image
上下ふたえに重なる道は

まるでダンジョンの様…


橋の裏にはライトがあり

昼間でも薄暗い『下道』を

煌々と照らしています

f:id:omen-panda:20210502204327j:image

道も建物も

上へ上へと居場所を求めた

都市の当たり前がここにはあるのです

 

周囲にはゆりかもめ日の出駅
f:id:omen-panda:20210502205034j:image
印刷所など徐々に

インダストリアルなものも増え始め

街のコントラストが変わろうとしています


さらに足を進めます

 

わかれは再び

さて少し大きい交差点に辿り着いました
f:id:omen-panda:20210502204418j:image

 

ふと見上げると首都高の上に

レインボーブリッジの文字が見えます
f:id:omen-panda:20210502204956j:image


f:id:omen-panda:20210502204506j:image

 

あ!ここJCTか!!

 

思わずびっくりしましたが

ここで地図を見てみます

 この地点は『芝浦JCT』

 

ここで『羽田線』『台場線』

ふたつに道が分かれています

 

 

台場線

 

少し振り返りになりますが

先ほど出てきた丸い柱

f:id:omen-panda:20210502204533j:image

もしかしてこの台って

『台場線』か!

 

なるほど納得です

 

 

さて話を芝浦JCTに戻します
f:id:omen-panda:20210502204305j:image


道幅いっぱいに広がる柱々
f:id:omen-panda:20210502204231j:image

 

f:id:omen-panda:20210502204440j:image

 

そして

羽田方面に目を向けると

台場線が左手にカーブして

分かれるのがわかります
f:id:omen-panda:20210502204809j:image


そして次第に
f:id:omen-panda:20210502205021j:image

お互いが
f:id:omen-panda:20210502204951j:image


分かれてゆくのです…
f:id:omen-panda:20210502204512j:image

 

f:id:omen-panda:20210502204408j:image

f:id:omen-panda:20210502204629j:image

 

交わったり分かれたり

少々駆け足の移り変わりは

慌ただしい都市のひとつなのかな?

 

そして分かれて身軽になった羽田線

そこには穏やかな

午後のひだまりがあるのでした
f:id:omen-panda:20210502204444j:image

 

今回はここまでです

 

次回予告

さて身軽になった羽田線
f:id:omen-panda:20210502204256j:image

 

ここからは

電車や新交通からは徐々に遠ざかり

道路が主役の街が始まります

 


車路が繁栄する

あまり知らない東京


f:id:omen-panda:20210502204135j:image

 

 次回もお楽しみに( ̄▽ ̄)