おめんぱんだのひたすら街歩き

大好きな街の景観や都市計画を歩いて綴ってます

【街歩き】深夜の鶴見線昭和駅探訪

盛夏の工業地帯から

令和元年7月某日

 

ここは深夜の工業地帯

蒸すような夏の空気の中を

トラックが唸りながら

踏切を越えてます

f:id:omen-panda:20190715142747j:image

奥で煌々と光るのは

鶴見線昭和駅

 

深夜の工業地帯には人ひとり

ちょっと冒険してみましょう

 

おしらせ】

twitterでブログの更新情報や

街歩きで見つけた写真も投稿中

ぜひフォローしてくださいね

 

駅の周りを見てみよう

さて昭和駅を見てみましょう

 

昭和駅の前には幅広の踏切

その正面には昭和電工の門が

それぞれあります

f:id:omen-panda:20190715142758j:image

 

線路を覗いてみると

煌々と光る工場から溢れた光が

線路を薄く照らしています
f:id:omen-panda:20190715143007j:image
f:id:omen-panda:20190715142830j:image

 

踏切を渡りまして
駅に入っていきましょう!
f:id:omen-panda:20190715142703j:image

 

深夜の昭和駅

夜闇で光る昭和駅

 

ひと際明るく光る姿は

工場地帯に存在感を示しています
f:id:omen-panda:20190715142719j:image

 

猫も一杯いるみたい
f:id:omen-panda:20190715142231j:image

 

出入口ぐるっと

神奈川では少ない無人駅

自動改札ではなく

簡易suicaが設置されています

 

この錆びたきっぷ箱は

いつから出口の仕事を

勤めているのでしょう
f:id:omen-panda:20190715143100j:image

 

列車は昼間を除いて1時間に1本以上

神奈川県らしくない本数ながらも

遅くまで走っているのですね
f:id:omen-panda:20190715142522j:image

多くの働き手の方々を運ぶことに

日々徹しているんですね

 

足はホームへ

さてホームに入ってきました
f:id:omen-panda:20190715142713j:image

ホームは左に反る様に延び

駅のあちこちに貫禄が

充満している様子

 

上を見てみるとリベットの屋根!!

錆と共に味わい深さを出してますね
f:id:omen-panda:20190715142456j:image

 

 

壁には『観光案内』の文字

ここの観光地には

どこが掲げられていたのでしょうね

f:id:omen-panda:20190715142532j:image

f:id:omen-panda:20190715143618j:image

 

意外にも駅名表は

新しくなっていて

手を加えられている様子
f:id:omen-panda:20190715142619j:image

 

 

と思いきや大量の蔦

繁栄しているのですから
ふしぎなものですよね
f:id:omen-panda:20190715143542j:image

 

更に足を進めると

ホームから屋根がなくなると
f:id:omen-panda:20190715142145j:image

 

ホームの端はすぐそこですね
f:id:omen-panda:20190715142320j:image

 

 

辺りを見てみると

都心とはまた違った明るい夜が

そこにはありました
f:id:omen-panda:20190715141958j:image
f:id:omen-panda:20190715142954j:image

これらの音や煙の数々が

日々の生活のどこかを

支えているのですね

 

さてそろそろ外に出ましょうか
f:id:omen-panda:20190715142255j:image

 

今回は余り目にしない

工業地帯である川崎の

昭和駅に足を運んでみましたが

そこにはここにしかない

街のコントラストがありました

 

最後までお読みいただき

ありがとうございました

 

また次回も

読んでいただけると嬉しいです

【街歩き】開業前の羽沢横浜国大駅を見てみよう(後編)

今回は周辺調査

 おめんぱんだです

今回は前回につづきからです

 

www.omen-panda.tokyo


f:id:omen-panda:20191109182955j:image

 

開業直前の駅周辺の様子を

じっくり見てきました

 

それではスタートです

 

横浜国大方面へ

前回の記事でも紹介しましたが

左手には駅名にもなっている

横浜国大方面に歩道橋が延びています
f:id:omen-panda:20191109182801j:image

 

右手には環状2号を越えた

住宅地と連絡しています
f:id:omen-panda:20191109184651j:image

 

 

まずは左手の

横浜国大方面に向かっていきます

f:id:omen-panda:20191109182801j:image

 

少々進むと羽沢横浜国大駅の

裏側が見えてきました

まだ更地の状態

 

これからたくさん

開発できそうな雰囲気ですね
f:id:omen-panda:20191109183047j:image

 

そして駅裏の小道を挟むと

貨物ターミナルの横浜羽沢駅が

拡がっています
f:id:omen-panda:20191109182550j:image
f:id:omen-panda:20191109182747j:image
f:id:omen-panda:20191109182742j:image

 

横浜国大方面に足を進めると

煌々と照らされる貨物駅が見渡せます
f:id:omen-panda:20191109184556j:image

 

時計の付いた投光塔も

なんだか誇らしげ

年季の濃さを感じます
f:id:omen-panda:20191109184657j:image

 

年代差が歩道橋に異世界感

生んでいる気がします
f:id:omen-panda:20191109182731j:image

 

そうこうしている内に

横浜国大側に到着です
f:id:omen-panda:20191109182821j:image

 

 

歩道橋の橋は住宅地

幅の狭い道路が

線路に沿うように延びています
f:id:omen-panda:20191109184646j:image

f:id:omen-panda:20191109184543j:image

 

反対側から駅方面を望むとこんな感じ

なんかワープできそうな

雰囲気すら感じませんか?
f:id:omen-panda:20191109183149j:image


さて歩道橋脇から

橋の様子を見てみると

 

かなりの長大橋である事が分かります
f:id:omen-panda:20191109182814j:image

新たな鉄路が人の動線を変え

その変化点の周囲の動線も大きく変わる

 

新たな動線を期待された橋は

今まさに完成し街の動脈を

担おうとする間近なのです

 

眼下を覗いてみると

f:id:omen-panda:20191109183021j:image

コンテナ貨物の列車も

走り抜けてゆきました


貨物駅自体が

目に触れる機会が少ないのもあり
ひとつひとつが新鮮に見えますね

 

さてそろそろ反対側を

観察してみましょう

 

環状2号を越えて

さて駅の近くまで戻ってきました

 

ここからは環状2号線の

外側を目指して歩いていきます

f:id:omen-panda:20191109183043j:image

 

 

 

フェンスには半透明の壁が

ずらっと並んでいます
f:id:omen-panda:20191109182713j:image

 

渡りきると

そのまま外には出れず

一度クランクを経て

外に出るような構造になっています
f:id:omen-panda:20191109183129j:image

 

 

さて周りを見渡してみましょう

 

反対側は先ほどよりも

更に狭い1車線道路
f:id:omen-panda:20191109184533j:image

 

一方通行路が延びています
f:id:omen-panda:20191109182807j:image

 

反対側にも工事中の看板が出ていますね
f:id:omen-panda:20191109184526j:image

 

さて道路を挟んで駅舎を見てみましょう

三角コーンが立ち並ぶ中

煌々と駅舎が暖色で周囲を照らしています
f:id:omen-panda:20191109183144j:image
もうすっかり

開業しているような駅舎ですね

もう今では都市連絡の拠点として

存分に機能を発揮しているのでしょう

f:id:omen-panda:20191109182949j:image
内側から見た横浜は

外から見た横浜とは

大きく違う街の表情があって

面白いものですね

 

今回はこれにておしまいです

 

次回予定

次回は過去の旅の様子を

お送りする予定です
f:id:omen-panda:20191109184600j:image

 

また自由に旅ができる日が

来ますように( ̄▽ ̄)

【街歩き】開業前の羽沢横浜国大駅を見てみよう(前編)

今回の街歩きは

2019年10月26日

開業まで約1カ月前に迫った夜

羽沢横浜国大駅を

訪問しました( ̄▽ ̄)

f:id:omen-panda:20191109182628j:image

(↑駅舎は最後の大詰め)

 

 

最後の仕上げを迎える新しい駅

新たな街の顔の周辺を

見ていきましょう!

 

駅を見てみよう

早速駅を俯瞰してみましょう
f:id:omen-panda:20191109182556j:image

まだ工事半ばの状態で

資材などが並んでいますね

 

まだ工事現場なこの場所には

『鉄道の駅を作っています』の文字!

中々見れる看板じゃないですよね😄
f:id:omen-panda:20191109183100j:image


奥には横浜県道17号線(環状2号)を跨ぐ

新しい歩道橋が設置されています
f:id:omen-panda:20191109182940j:image

 

さて少し進むとユンボがある辺りの

車道が膨らんでいます

 

ここはバス停が作れるための整備中

二次交通の整備って

結構ぎりぎりまでやってるんですね
f:id:omen-panda:20191109182512j:image

 

反対から見ると一目瞭然ですね

f:id:omen-panda:20191109183006j:image

 

さて視点を駅舎の方に移しましょう

相鉄のロゴが真新しいですね
f:id:omen-panda:20191109182912j:image

 

中の電光掲示板はすでに稼働中

『本日の電車は全て終了しました』の文字が

既に光っているではないですか( ̄▽ ̄)
f:id:omen-panda:20191109182833j:image

f:id:omen-panda:20191109184615j:image

 

駅舎の様子が伺えたのはここまで

辺りを歩いていきましょう

 

駅周辺に目を

さてもう少し見る範囲を広げ

周辺整備の様子も見てみましょう

 

明かりの灯る歩道橋

階段はパイロンで塞がれて

登れないようになっています
f:id:omen-panda:20191109182754j:image


歩みを進めると歩道橋のスロープが現れました
f:id:omen-panda:20191109184621j:image

 

バス停の出現

 そのスロープの真横には

神奈川中央交通のバス停がありました
f:id:omen-panda:20191109182857j:image


バス停名は『羽沢貨物駅』

後編で書きますが

羽沢横浜国大駅の横には貨物駅もあるのです
f:id:omen-panda:20191109182906j:image

 

本数は概ね1時間に1-2本程度

ここを発着するバスは

保土ヶ谷駅向かうバスのみです
f:id:omen-panda:20191109183159j:image

 

駅前の整備を見てみると

バス停の場所が

変わるのがわかりますね

 

歩道橋を上る

さて先ほどの歩道橋に戻りましょう

こちらは解放されてランプも付いているので

早速上ってみましょう
f:id:omen-panda:20191109182640j:image

 

踊り場で振り返ると環状2号を走り抜ける

車列が視界に入ってきます
f:id:omen-panda:20191109183027j:image


そしてその環状二号に向けられた

青看が取り付けられています

国道16号第三京浜等横浜らしい

道路名が並んでいますね
f:id:omen-panda:20191109182517j:image

 

さてスロープを上りきると

先ほど封鎖されていた階段と十字路で交差します
f:id:omen-panda:20191109182955j:image

 

左手には駅名にもなっている

横浜国大方面に歩道橋が延びています
f:id:omen-panda:20191109182801j:image

 

右手には環状2号を越えた住宅地と連絡しています
f:id:omen-panda:20191109184651j:image

 

今回はここまで

 

次回予定

次回はこの歩道橋の先をレポート

羽沢貨物駅の様子も夜景と共に紹介します
f:id:omen-panda:20191109184634j:image

お楽しみに

 

↓未完成都市はこんな記事もあります( ̄▽ ̄)

www.omen-panda.tokyo

【街歩き】東証の街 東京兜町ので休日散策(後編)

今回の街歩きは

おめんぱんだです

 

今回は前回に引き続き兜町を

歩いていきたいと思います

 

www.omen-panda.tokyo

↑前回はこちら

 

f:id:omen-panda:20190921184939j:plain

 

前回の発見した兜町歴史地図

ここには兜町の数々の発祥の地が

書かれていました( ̄▽ ̄)

f:id:omen-panda:20190921185319j:plain

 

 

前回はいつの間にか

様々な発祥の地を巡っていましたね

www.omen-panda.tokyo

 

さて今回は前回に続いて

兜町の発祥をもう少し

掘り下げていきましょう

 

まもなく本編スタートです

 

おしらせ】

twitterでブログの更新情報や

街歩きで見つけた写真も投稿中

ぜひフォローしてくださいね

 

 郵便発祥の地を求めて

今回はみずほ銀行兜町支店前よりスタート!

まだ巡れていない郵政発祥の地を目指します

f:id:omen-panda:20190921184939j:plain

 

↑今回はこのへんから

 

周囲には首都高速の高架が迫っていますね
f:id:omen-panda:20190921185330j:image

 

その高架を潜り抜けると
『かいうんはし』と書かれた

石碑が鎮座していました
f:id:omen-panda:20190921185437j:image

 

かつてこの地に掛けられてていた

橋の欄干の名残であるそう

 

先ほどのみずほ銀行兜町支店の先代に当たる

国立第一銀行の古い行社と一体的に名所となっていたようです
f:id:omen-panda:20190921185137j:image

 

今ではすっかり面影もないですけどね…
f:id:omen-panda:20190921184925j:image

発展と共に消えた景色があるのも

街が代謝している証なのかもしれませんね 

 

さて足を進めましょう

 

金融街とあって周囲には

銀行や証券会社が集結しています
f:id:omen-panda:20190921185342j:image

経済ニュースで見る面々が集結していて

あの会社ここにあった感が半端なかったです

 

さて開けた通りまで出てきました('ω')
f:id:omen-panda:20190921185543j:image

 

↑いまここ


周囲を見渡すと

お目当ての日本橋郵便局が現れました
f:id:omen-panda:20190921185424j:image

 

日本橋郵便局前を見てみよう

さっそく近付いて見ると

普通の郵便局ではあまりお見掛けしない

ブロンズ像と国旗が鎮座しているではありませんか!

f:id:omen-panda:20190921184919j:image

下の台座には確かに『郵政発祥の地』の文字が

しっかり刻まれています
f:id:omen-panda:20190921185410j:image

しかし銅像についての説明や

詳しい歴史の案内がなかったので

調べてみることに( ̄▽ ̄)

 

するとwikipediaには

このような記載がありました

郵便発祥の地

当局は、明治4年3月1日新暦換算:1871年4月20日)に近代郵便制度が始まった際、駅逓司(現在の総務省日本郵政、及び日本電信電話の源流の一つにあたる機関)と郵便役所(東京中央郵便局の前身)が設置された地[* 1]にあり、「郵便発祥の地」を記念する石碑銘板、および、「日本近代郵便の父」として知られる前島密ブロンズ胸像が設置されている[1]。なお、石碑と前島の胸像は一体化した形で南西側通用口横に、銘板は北側利用者入口の壁にある。また、1985年(昭和60年)に刷新された当局の風景印には「郵便発祥の地」碑が図案として採り入れられた。

 

(出典) 日本橋郵便局 - Wikipedia


このブロンズ像は『前島密』という方だそう

 

『郵便』『切手』『はがき』等といった

郵便に関わる言葉の生みの親でもあり

この地が如何に重要な場所だったかを物語りますね

 

この郵便局の出入り口には

様々なものが設置されていて


他にもこの様なレリーフが

設置された記念ポストが設置されています
f:id:omen-panda:20190921185031j:image
f:id:omen-panda:20190921185311j:image

『郵便は世界を結ぶ』と刻まれたこのポストは

郵政事業100周年を記念したもの

この場所が大切にされていることを物語ります

 

さらに別な入口には堂々と

『郵便発祥の地』との案内も掲げられています
f:id:omen-panda:20190921185401j:image

局舎も堂々とした雰囲気(^-^)

f:id:omen-panda:20190921185037j:image
非常に見ごたえのある郵便局でした

さてここまでは様々な発祥の地を見てきましたが

この一帯『兜町』の由来に迫るために

場所を移したいと思います



兜町由来の地『兜神社』

さて少々移動しまして

兜神社にやってきました
f:id:omen-panda:20190928142845j:image

 

↑いまここ

 

門扉には丸囲みで兜の文字

f:id:omen-panda:20190921185629j:image

 

入ってみると兜神社の由来が設置されています

f:id:omen-panda:20190921185212j:image

この中で非常に興味深いのが

六 御由緒

明治11年ここ兜町の街に東京株式取引所が設けられるに当たり

同年五月取引所関係者一同の深奥の象徴および鎮守として

兜神社を造営した。

(中略)

七 兜岩の由来

(中略)

兜町という町名はこの「兜岩」に因んで

付けられたといわれている

というところ

 

簡潔に言うのであれば

この神社自体は東証の関係者によって

設置された神社であったということ!

 

辺りを見渡すと

灯篭に証券100年記念

刻まれているではありませんか!
f:id:omen-panda:20190921184955j:image

他の神社では見受けられない

金融色の強い神社の象徴の様

 
そしてこの『兜岩』
f:id:omen-panda:20190921185108j:image

この『兜町』の地名の由来であり

今日の東証を中心とした金融街の別名は

正にこの地のこの岩が起源なのです!

 

全国の金融業界で使われる通称も

元は一つの岩であった事に

驚きますね!

 

 

そんな兜神社の境内に首都高の橋脚が

突き刺さっているのも

また、経済なのかも

f:id:omen-panda:20191026184438j:image

なんとも言えない光景( ̄▽ ̄)

 ここで兜町の街歩きは終了です

 

まとめ

いかがでしたか( ̄▽ ̄)

今回の街歩きの工程はこちら

 

 

歩いた範囲は少々狭めでしたが

中身がぎっしりと詰まった

歴史ある金融街は濃厚なものでした

 

次回の更新は再来週!

開通前の羽沢横浜国大駅周辺

レポートする予定です

 

 

お楽しみに!

【街歩き】東証の街 東京兜町で休日散策(前編)

今回の街歩きは

おめんぱんだです

私は今東京証券取引所の前に来ています!


f:id:omen-panda:20190921184911j:image

 

 ↑ここらへんでごわす

 

 

様々な金融商品が飛び交い活気付く平日とは打って変わり

取引のない休日はたいへん静かなものです(・ω・)

 

今回はこの東証前から金融街である

兜町を歩いていきたいと思います

 

新札や地名の由来にも辿り着くかも( ̄▽ ̄)

そろそろスタートです!

 

おしらせ】

twitterでブログの更新情報や

街歩きで見つけた写真も投稿中

ぜひフォローしてくださいね

 

日経の中枢東証を見てみよう

さぁ歩き始めましょう(^-^)
まずは東証の右側を歩いていきます
f:id:omen-panda:20190921185132j:image

横断歩道を渡り

東証正面に回ると

流石は世界有数の証券取引所

大きさと重厚感が圧倒的です!


f:id:omen-panda:20190921184837j:image


平日は人が多く行き交うであろうこの場所も

休日のこの日は人の気配がありません
f:id:omen-panda:20190921185246j:image

石造りが消失点目掛けて一直線!

もう少し装飾等が施されていると思いきや

意外とシンプルで驚きました

f:id:omen-panda:20190921185450j:image

 

東証の脇を進んでいくと

目の前には古そうな低層の建物が!

日証館という名前で1920年代に建てられたそう
f:id:omen-panda:20190921184848j:image

 

このビルが出来た当時は証券会社が多く入居するビルだった様で

東証と向き合うように建っていますね
f:id:omen-panda:20190921185119j:image

 

東証の裏手に来ました

↑今はこの辺 

 

 

今日は休日ですので見学コースもお休み

シャッターも閉められています
f:id:omen-panda:20190921185445j:image

 

 

辺りに目を配ると石造りの立派な建物が!
f:id:omen-panda:20190921185052j:image

このビルヂングは一体何の建物なのでしょうか

めちゃめちゃきになりますなぁ('ω')

装飾と補修の跡に『重み』を感じます

 

 

さて、奥に見えるみずほ銀行の方に

足を向けてみましょう

 

東証周りの金融街を見てみよう

みずほ銀行前に来ました

f:id:omen-panda:20190921184939j:image

 

 ↑今この辺

 

何やら普通の銀行の支店と異なり

壁に張り出しがしてありますね


何やら面白そうな内容が

載っているじゃないですか( ̄▽ ̄)
f:id:omen-panda:20190921185319j:image

(みずほ銀行兜町支店壁の掲示物1)

 

証券取引や銀行や郵便の発祥の地が並び

巡ってみたい欲が湧いてきますね

 

次期紙幣に採用された

渋沢栄一の名前も並びます

 

f:id:omen-panda:20190921184947j:image

(みずほ銀行兜町支店壁の掲示物2)

 

先ほどの掲示物によると

一番最初に見た東証は証券取引発祥の地

f:id:omen-panda:20190921184837j:image

 

日新館は渋沢栄一跡

f:id:omen-panda:20190921184848j:image

 

そしてこのみずほ銀行の右手

ファミリーマートが見える側に足を運ぶと

f:id:omen-panda:20190921184939j:image

 

銀行発祥の地のプレートが埋め込まれています
f:id:omen-panda:20190921184830j:image

 

プレートによってみるとこんな感じ

プレートにはこの地の歴史が書かれていました

f:id:omen-panda:20190921184824j:plain

プレートより

銀行発祥の地

この地は明治6年6月11日(1873年)

わが国最初の銀行である第一国立銀行が

創立されたところであります

昭和36年5月建立

 

100年以上も前からこの場所で

数々の金融取引が行われていたこの地は

今日の発達した都市東京の

様々な駆け引きの舞台として

機能してきたのでしょう


f:id:omen-panda:20190921185330j:image

 

都市発展の核であったと思うと

なんだか重みを感じますね

 

今回はここまでです

 

次回予告

次回はたまたま見つけた

先ほどの案内板をもとに

周囲を歩きたいと思います( ̄▽ ̄)

 

f:id:omen-panda:20190921185319j:plain

 

数々の中枢の集積する兜町

そして兜町の由来に迫ります

 

どうぞお楽しみに!

【終点の街】東京メトロ南北線『赤羽岩淵』で街歩き(後編)

今回の街歩きは

おめんぱんだです( ̄▽ ̄)

 

今回はこの記事の続きから

www.omen-panda.tokyo

 

新荒川大橋の

埼玉県側の橋詰めからスタートです


f:id:omen-panda:20190617031214j:image

 

前回解決できなかったものを

見つけられるのでしょうか( ̄▽ ̄)

 

おしらせ】

twitterでブログの更新情報や

街歩きで見つけた写真も投稿中

ぜひフォローしてくださいね

 

 

 河川敷の答え合わせ

さて、河川敷に降りていきましょう
f:id:omen-panda:20190617031412j:image

↑今ここ

 

結構な勾配に足が竦みながらも

f:id:omen-panda:20190617025527j:image

 

『えいやっ!』と降りていきましょう
f:id:omen-panda:20190617023717j:image

 

橋の下まで降りてきました
f:id:omen-panda:20190617031406j:image

↑このあたり

 

何やら黒い土嚢が一列に積んでありますね

f:id:omen-panda:20190617023204j:image

 

土嚢の手前には『占用境界杭』の文字
f:id:omen-panda:20190617030743j:image


橋を俯瞰で見てみると

土嚢が橋を土手の下から

東京側をぐるりと取り囲み

所々に白い杭が刺さっています
f:id:omen-panda:20190617030649j:image

 

杭を回り込んで見てみると

そこには『東京都』の文字が!!

f:id:omen-panda:20190617031852j:image
f:id:omen-panda:20190617030245j:image


これが都県境でしょう( ̄▽ ̄)
f:id:omen-panda:20190617023557j:image

 
手前の橋げただけ埼玉県

あとは東京都の橋げた
f:id:omen-panda:20190617030207j:image

 

ついに見える境界を

発見したではありませんか! 

 

すっきりとした気持ちで帰るところでしたが

もうひとつの解決をするために

川へ歩みを進めましょう( ̄▽ ̄)

 

もう一つの答え合わせ

さて、土嚢をかすめて

埼玉ゾーンを進んでいきましょう
f:id:omen-panda:20190617023653j:image

 

鬱蒼とした木々を抜けると

川が見えてきました
f:id:omen-panda:20190617025504j:image
f:id:omen-panda:20190617030223j:image

 

振り返って川の方を望むと

やはり何やらついていますね
f:id:omen-panda:20190617025658j:image
しかしカメラの性能的に

これ以上寄り切れず断念(^_^;)

 

そうこうしていると

先ほど橋の上から見えた

看板が見えてきました
f:id:omen-panda:20190617023849j:image

↑いまここ

 

 

ガードレールと比較すると

かなりの大きさがあるのがわかりますね

 

正面に回り込むために
ガードレールの切れ目から川べりに入ります
f:id:omen-panda:20190617023526j:image


けもの道の様なところを

歩いて再び看板のあった方へ戻ってみると
f:id:omen-panda:20190617030311j:image

 

ようやく見えてきました
f:id:omen-panda:20190617023923j:image

 


f:id:omen-panda:20190617025332j:image

こんな標識あるんですね!!

 

船舶向けの標識なんて初めて見ました

しかも道路標識の様に補助標識もあるんですね

 


f:id:omen-panda:20190617030315j:image

どうやら水上バイクの走行を制限している模様

 

多分橋に設置してあるやつも

赤い縁取りがあるので

似たような標識なんでしょうね
f:id:omen-panda:20190617025422j:image
船と無縁の生活の人に

随分貴重なものを見ることができました(^-^)

 

さて暗くなってきましたし

そのそろお開きにしましょう

 

次回予告

いかがでしたでしょうか

 

荒川の対岸同士が他県と思いきや

実は東京都が食い込んでいるだなんて

驚きの結果でしたね( ̄▽ ̄)


f:id:omen-panda:20190617023932j:image
f:id:omen-panda:20190617025417j:image

 

次回の記事は未定ですが

題材は大量にありますので

翌々週末の更新を予定しています

 

更新情報はtwitterで配信していますので

是非フォローをお願いします( ̄▽ ̄)

 

  

 

それでは!

【終点の街】東京メトロ南北線『赤羽岩淵』で街歩き(中編)

今回の街歩きは

おめんぱんだです

暫く投稿を休止していましたが、

隔週末程度で投稿を再開します( ̄▽ ̄)

 

今回は東京メトロ南北線の終点

『赤羽岩淵』の続き

新河岸橋と荒川の間からスタートです

 

f:id:omen-panda:20190617023821j:image

 

都県境を探していると

橋から何やら気になるものが

お楽しみください!

 

前編も見てね

www.omen-panda.tokyo

 

おしらせ】

twitterでブログの更新情報や

街歩きで見つけた写真も投稿中

ぜひフォローしてくださいね

 

 

県境の攻防

さて、荒川を渡っていきましょう!

f:id:omen-panda:20190617031848j:image

↑今この辺

 

すでに日が傾き始めています・・・


f:id:omen-panda:20190617030018j:image

 

バス好きの方には国際興業のバスは

埼玉の領域であることを

イメージさせると思います
f:id:omen-panda:20190617023909j:image
(山梨や岩手もこのデザイン)

 

対岸に何やら変な看板が

設置されていますね

後で見に行っていましょうか
f:id:omen-panda:20190617030658j:image

 

そしてふと、橋の手すりを見てみると
橋には何やら川に向けた

看板のようなものが設置してあります
f:id:omen-panda:20190617025338j:image
f:id:omen-panda:20190617025954j:image

(なんだろう…)

これも先ほどの看板と一緒に確認してみたいところ!


さて歩みを進めていきましょう


f:id:omen-panda:20190617030052j:image

対岸が見えども…

もうそろそろ埼玉県の領地に入りそう

f:id:omen-panda:20190617025921j:image

 

でも街灯を見てみると

まだ『東京都』なんですよね
f:id:omen-panda:20190617023418j:image

 

ガードレールの種類の変わり目があり

ここが県境と思っても
f:id:omen-panda:20190617023154j:image

その先にある街灯には
f:id:omen-panda:20190617023844j:image

 

『東京都』の文字
f:id:omen-panda:20190617030653j:image


でも少し先に目を向けると

明らかに街灯の種類が変わっていますね
f:id:omen-panda:20190617023752j:image


変わり目は橋を渡り終えた先の

堤防上に設置された街灯から
f:id:omen-panda:20190617030748j:image

 

管理表は『埼玉県』に変わり
f:id:omen-panda:20190617030810j:image

東京都側にはなかった表記が追加されました
f:id:omen-panda:20190617023348j:image

 

こうしてみると分かりやすい!
f:id:omen-panda:20190617031251j:image

↑今このへん

 

埼玉県側にも県境の標識がありますが

設置されているのはちょっと先の交差点
f:id:omen-panda:20190617023809j:image

f:id:omen-panda:20190617025818j:image

 

結局『ここが県境だ!』という場所もなく

なんとなく釈然としない結果に

 

先ほどの橋の上方見えた

看板を探しに行きつつ

納得できる答えを得るために

橋の下の河川敷に行くことにしました


f:id:omen-panda:20190617031214j:image

 

今回はここまで

次回は河川敷に降りていきます( ̄▽ ̄)
f:id:omen-panda:20190617031412j:image

 

なんとなくもやっとした気持ちに

すっきり晴らすものは出てくるのか!
f:id:omen-panda:20190617025527j:image

 

お楽しみに( ̄▽ ̄)