おめんぱんだのひたすら街歩き

大好きな街の景観や都市計画を歩いて綴ってます

隅田川テラスをひたすら街歩き (渡し船)

今回の街歩きは

 

前回の街歩きでは、

隅田川テラスより、

数か所の橋を紹介しました

f:id:omen-panda:20181018222206j:plain

(勝鬨橋中央部 都電はバスに姿を変えた)

 

この街歩きで、

橋を見ている時に、

多く目にするものがありました

 

それが「渡し舟跡」です

 

橋ができる前に、

その土地の往来を支えた痕跡を、

今回は手繰っていきたいとおもいます

 

石碑が示す渡しの伝え

 

現代で渡し舟は、

ごくわずかとなりましたが、

過去の東京で川を越えるには、

渡し舟が支えていました

 

しかし、交通容量等から、

渡船は橋に取って代わり、

姿を消していきました

 

その中から、

見つけた跡を3つほど

紹介いたします

 

 

1:かちときの渡し

f:id:omen-panda:20181020151855j:plain

(かちときのわたし碑) 

 

 

勝鬨橋の由来になった、

渡し舟の跡です

 

f:id:omen-panda:20181020162117j:plain

(石碑横には案内がある)

 

名前の由来は、

この様な交通施設には珍しく、

地名からではなく、

日露戦争での要塞陥落が、

由来となっています

 

今の勝どきという地名は、

後から付けられた地名なのです

 

現在では、

勝鬨橋に交通の機能は、

移行しましたが、

ひとつの船が、

街の地名を生み出した

重要な石碑です

 

 

2:佃の渡し 

f:id:omen-panda:20181020173437j:plain

(佃島渡船跡) 

 

佃の渡しは、

佃大橋が開通するまでの320年間、

この土地の交通を支えましたが、

オリンピック関連工事により、

佃大橋が開通すると、

渡船の役目は終えました

 

f:id:omen-panda:20181020174045j:plain

(当時の船着場は広場に変わる)

 

f:id:omen-panda:20181020174220j:plain

(大幅員の道路が、かつての渡しを支える)

 

そんな佃大橋の、

「佃」という地名ですが、

佃煮の語源の地なのです

f:id:omen-panda:20181020174420j:plain

(佃大橋より佃を望む)

 

青い看板の店をはじめ、

今でも数件佃煮屋として、

営業を続けています

 

そんな佃大橋の足元の、

堤防にはこのような、

埋め込みがありました

 

f:id:omen-panda:20181020181601j:plain

(埋設物盤:この下には有楽町線が通る)

 

f:id:omen-panda:20181020182948j:plain

(背部の幅広道路はここで突然切れる)

 

 

この橋の地下には、

東京メトロ有楽町線(8号線)が、

敷設されいています

 

埋め込みには、

「帝都高速度交通営団」とあり、

営団地下鉄であったことを残す、

痕跡となっています

 

ちなみに、

有楽町線のこの区間は

昭和63年に開通

 

埋め込みより2年の歳月を経て

開通しています

 

(参照)東京メトロ有楽町線 - Wikipedia

 

かつては、

渡し舟が支えたこの道は、

橋と地下鉄が今では支えています

 

(渡し船の参照) 隅田川の渡し - Wikipedia

 

街のアップグレードはおもしろい

f:id:omen-panda:20181020194017j:plain

(「水上」から「橋・地下」へ)  

 

いかがでしたでしょうか

今回は、渡し舟をピックアップしました

 

川を渡るために、

都市が代謝し、

新たな形が生まれる

面白さがあったのでは

ないのでしょうか

 

 

次回は隅田川に刺さる謎のオブジェに迫ります

f:id:omen-panda:20181020193136j:plain

(なにこれ)

 

よろしくおねがいします

 

お面パンダ

twitterは[@omen_panda]で、

ときどきつぶやいています