おめんぱんだのひたすら街歩き

大好きな街の景観や都市計画を歩いて綴ってます

日本でいちばんゼロな場所

今回の街歩きは

 

前回の街歩きで

見つけていた

謎のオブジェ

 

実はこれが

かなり重みのあるものと

分かりましたので

今回はオブジェを

中心に紹介します

 

f:id:omen-panda:20181028213253j:image

(なんだこいつ)

 

 

日本で必ず0Mの場所!

 

少しオブジェから

話はそれますが

海からの高さ(海抜)や

山の高さ(標高)など

高さを使う機会が

あると思います

 

 

 (東京メトロ築地駅:海抜が表示されている)

 

 

これらの高さは、

物差しの角の様に

0Mの場所が決まっているから

高い低いが決められるのです

 

 では日本の物差しの角は

どこかというと

このオブジェのある

場所だったのです

f:id:omen-panda:20181104190140j:plain

(ここが1番0Mの場所)

  

 

実はこの▽のオブジェは

水位観測所という

測定施設

 

水面の高さを観測することを

目的とした施設です

 

ここで得られた高さを

平均化した値を求めて

高さ0Mとして決めました

 

f:id:omen-panda:20181104195124j:plain

(国交省設置:現地案内板)

 

現在でも観測が続けられていますが

隅田川の河川水の影響や

周辺環境の変化に伴い

 

神奈川県の油壷に

役割を大きく移しています

 

参照:管内の主な観測施設|国土地理院

 

また

隅田川テラスの設置に伴い

若干の移設を行い

元々あった場所には

シンボルとしてポールが

立っています

f:id:omen-panda:20181104195338j:plain

(▽の手前の銀のポールが旧位置)

 

しかし現在でも観測は

行われていて

日本の形を知るための

基礎作りに

役立っています

 

0を支える力持ち

この近くには

「交無号」という

三角点(高さを測る基準)が

設置されています

 

f:id:omen-panda:20181104204727j:plain

(霊岸島交無号)

 

三角点は通常は

地名が付けられることが多いですが

この三角点の名前は

地名ではありません

 

現地に詳しい説明書きがありました

 

f:id:omen-panda:20181104204840j:plain

(現地案内板より)

 

国土地理院設置の案内板によると

水準経路が交差する点であることを示す「交」と、

「0」を意味する「無号」を合わせたものです。

この水準点は、まさに日本の高さの出発点として

歴史のあるものです。

とありました

 

つまり

地名ではなく

高さの基準であることが

名前の由来であることがわかります

 

f:id:omen-panda:20181104205518j:plain

(三角点の破損を四方の石で守る)

 

日本の地図のふるさとと

言っても過言ではないのでは

ないでしょうか

 

 偶然の発見が街歩きの真髄!

 

今回は

街歩きの中で見つけた

オブジェを深堀いたしました

 

現地で感じる

時代の感覚に加えて

調べるほどに

奥の深さを感じました

 

f:id:omen-panda:20181104210013j:plain

(見方が変れば街はまた面白い)

 

次回は隅田川を少し離れます

 

おたのしみに

 

お面パンダ

twitterは[@omen_panda]

街歩き中に

ときどきつぶやいています