おめんぱんだのひたすら街歩き

大好きな街の景観や都市計画を歩いて綴ってます

【企画】都バスで1番の山奥から海まで横断しやがれ(中編)

前座

おめんぱんだです

都営バスで海まで行くシリーズ

今回は青梅車庫からスタートです

 

このシリーズのスタートはこちら

omen-panda.hatenablog.com

 

前回の足取りはこちら

omen-panda.hatenablog.com

 

早速本編ですどうぞ

 

23区へバスのパズル

いざ花小金井へ

f:id:omen-panda:20190403224216j:image

(バス待合所はこじんまり)

 

お目当てのバスは

定刻の2分前にやってきました

 

f:id:omen-panda:20190403224105j:image

梅70花小金井行


f:id:omen-panda:20190403225731j:image


f:id:omen-panda:20190403224101j:image

車内は普通のバスと変わらない

 

12:40

バスは定時に発車

青梅街道を東に向かい

ひたすら走ります

 

f:id:omen-panda:20190403225247j:image

新宿はまだまだ先

 

営業所の方からお聞きした限り

この路線は都営バスで一番の長さを誇ります

 

定刻通り進むと

このバスが花小金井駅に着くのは14:22

一時間半を超える乗車時間なのです

どうか長旅にお付き合いください


f:id:omen-panda:20190403225205j:image

バスは先ほど通った青梅駅へ一度はいります


f:id:omen-panda:20190403225301j:image
f:id:omen-panda:20190403225102j:image

ロータリーのバス乗り場に止まると

バスは再び青梅街道を東進します

 

あのまま青梅駅にいたら

きっとまだ迷っていたんでしょうね


f:id:omen-panda:20190403225454j:image

商店と住宅が街道を賑わせ


f:id:omen-panda:20190403225210j:image

都営バスとも時々すれ違います

 

青梅街道をひたすら進んでいると

踏切と交差


f:id:omen-panda:20190403225143j:image

青梅線の電車が横切っていきます

 

東京へはひとっ走りなんでしょうね

バスの道中ではまだまだ先です

 

景色は郊外の趣に


f:id:omen-panda:20190403225046j:image

徐々に郊外の雰囲気が出始めてくると

青梅街道は

やがて大きな道筋へと姿を変えます
f:id:omen-panda:20190403225335j:image

道路の両端には

ロードサイド店舗が立ち並ぶようになります

 

この景色が金太郎あめのように

しばらく続くようになってきます

 

そうなってくると小さなものにでも

変化を求めてくるもの

 

歩道橋には突然の姉妹都市の看板

 

ボッバルトってどちらにあるのでしょう
f:id:omen-panda:20190403225431j:image

 

ついに青梅を脱出

バスは青梅市をついに抜け出します

 

瑞穂町へ入っていきます
f:id:omen-panda:20190403225243j:image

東京に「町」が

あったという事に

驚いていると

バスは国道16号線と交わります

 


f:id:omen-panda:20190403225318j:image
f:id:omen-panda:20190403225600j:image

 

国道16号線は別名「東京環状」

東京周辺の衛星都市を

環状に結んでいる道路です

 

ja.wikipedia.org

 

感覚としては

これより内側が

東京圏という印象です

 

バスは多摩を進む進む

その国道16号を超えると

Y時の分岐が見えてきます


f:id:omen-panda:20190403225117j:image

f:id:omen-panda:20190403225439j:image

バスは左へ進路を向けます

青梅街道をひたすら走ります

 

道幅は青梅駅の近くの時のように

旧来の狭い街道路が続くよう


f:id:omen-panda:20190403225434j:image

旧日光街道と別れたり



f:id:omen-panda:20190403225313j:image

青梅駅行のバスとすれ違ったり



f:id:omen-panda:20190403225612j:image

開館していることを

全力でアピールしている図書館など

沿線は少しずつ景色をバスに与えます

 

武蔵村山へ

いつのまにか武蔵村山に入っていました
f:id:omen-panda:20190403225503j:image

 

こんな自己主張の激しいバス停も


f:id:omen-panda:20190403225537j:image

(ここは私のもの Here is Mine!)

 

青看板には、

多摩湖や東村山、昭島といった

西武線らしい地名がならぶようになります


f:id:omen-panda:20190403225110j:image

(東村山は一丁目こそ至高)

 

バスは大きな分岐路の交差点に
f:id:omen-panda:20190403225323j:image
f:id:omen-panda:20190403225252j:image
f:id:omen-panda:20190403225341j:image

 

バスは左に進路をとり

青梅街道を忠実になぞる様に

進んでいきます

 

車窓の奥には緑の里山

まだまだ山が景色の主役ですね

 

バスは東大和市へ

だいぶ東に進んできました

バスは東大和市に入ります
f:id:omen-panda:20190403225516j:image
f:id:omen-panda:20190403225528j:image

青梅街道をなぞるこのバスは今度は右折

 

するとこんな景色が
f:id:omen-panda:20190403225019j:image

桜がきれいな季節ですね

登坂路に桜が色彩を添えています

 

坂を下るとバスはバス停で小休止

ここは都営バスの東大和操車場

f:id:omen-panda:20190403225413j:image

青梅から走ってきた運転手さんは

ここで交代となります

 

 

おおよそここまでで1時間

時間的には折り返し地点です

 

青梅路はひた長し

交代も終わりまして再び出発


f:id:omen-panda:20190403225027j:image

バスは市街地に入っていきます

f:id:omen-panda:20190403225003j:image

Y字の分岐で別れた新青梅街道と

再びここで交わりますが

バスは青梅街道をひたすら走ります

 

この景色もぼちぼち飽きてきたなぁ

f:id:omen-panda:20190403225428j:image

 

バスは東大和市駅に到着


f:id:omen-panda:20190403225419j:image

 

 

体を伸ばしたい欲求と共に生まれる

降りたい衝動を抑えつつ

バスは再び発車

 

西東京方面へ青梅街道を走ります

f:id:omen-panda:20190403225331j:image

 


f:id:omen-panda:20190403225557j:image

 

バスは小平市に突入

ブラックサンダーの有楽製菓が

意外なところにあることに驚きつつ

バスはひたすら東へ
f:id:omen-panda:20190403225616j:image

(工場直営店があるんですね) 

 

バスの正面に見えてきた

ゼネラル石油のある景色も残りわずか

 

全てエネオスに変わる

令和最初の夏には見納めです
f:id:omen-panda:20190403225219j:image

 

おめんぱんだとしては

古い街道路にはこの看板が

似合うと思うんですけどね

 

バスは久々の踏切越え

f:id:omen-panda:20190403225458j:image

 (何線だったのかな?)

 

バスはやがて

府中街道と交わります
f:id:omen-panda:20190403225157j:image
f:id:omen-panda:20190403225604j:image

 

府中街道を超えると

道幅が広くなっていき

久々に開けた景色が楽しめるように
f:id:omen-panda:20190403225448j:image

 

鉄道駅に立ち寄ることも多くなり

 

新小平駅や青梅街道駅と交わります
f:id:omen-panda:20190403225228j:image
f:id:omen-panda:20190403225520j:image

 


f:id:omen-panda:20190403225130j:image

西武線らしい青い電車と交差



f:id:omen-panda:20190403225147j:image

単線の線路を都内で見ると

なんとなく新鮮ですよね

 

 

ついに小金井の文字が!

沿線に目を配っていると

青看板についに『小金井』の文字が!
f:id:omen-panda:20190403225549j:image

 

終点に近づいていることに

喜びを覚えつつ

 
f:id:omen-panda:20190403225345j:image

こんないい感じの寺や

f:id:omen-panda:20190403225444j:image

もう何度目かわからない踏切を超えていきます

 

バス車内にも花小金井の地名が入るアナウンス
f:id:omen-panda:20190403225541j:image

 

そしてバスは花小金井交差点に到達!
f:id:omen-panda:20190403225349j:image

 

バスが右に進路をとると
花小金井駅が見えてきました!


f:id:omen-panda:20190403225152j:image

 

14:30 

ついにバスは

花小金井駅北口に到着です!!


f:id:omen-panda:20190403225553j:image
f:id:omen-panda:20190403225304j:image


f:id:omen-panda:20190403225524j:image

お疲れさまでした


f:id:omen-panda:20190403225032j:image

桜も祝福してくれていればいいな

 

 

青梅からのバスの旅も一旦ピリオド

 

体を伸ばしつつ

青梅車庫から抱えてきた問題に

答えを決めなければなりません

 

どうする次の一手

ここから23区内まで都営バスはありません

青梅車庫の職員の方から頂いた

3つのアドバイスを振りかえります

(詳しくは前回の記事へ)

 

1:他社線のバスでの乗り継ぎ

2:花小金井駅から西武新宿線野方駅へ

3:西武新宿線と大江戸線で練馬駅

 

 

ルール上使えるのは残り300円

 

(1)を調べてみると300円越えで断念

(2)は野方からのバスが

渋滞しやすい路線で時間が読めない

(3)は大江戸線で都営まるごときっぷを

使えば予算内(残金60円)

 

ここは練馬駅へ賭けてみましょう!

 

一路練馬へワープ


f:id:omen-panda:20190403225007j:image

足早に電車へ

 

f:id:omen-panda:20190403235333j:image
f:id:omen-panda:20190403235257j:image

中井で大江戸線に乗り換えです


f:id:omen-panda:20190403235245j:image
f:id:omen-panda:20190403235228j:image
f:id:omen-panda:20190403235306j:image

練馬にワープ成功です!

 

 

残金は60円ですので

もう電車は使えませんし使いません

都営バスのみで海を目指します

 

ついに23区内に突入

バス停を探そう

都会の喧騒を感じつつ

都営バスのバス停を探しましょう
f:id:omen-panda:20190403235316j:image

案内図を頼りに探すと

 

探していた都営バスのポールが
f:id:omen-panda:20190403235345j:image
f:id:omen-panda:20190403235302j:image

都営バスは『白61』新宿行のバスのみです


f:id:omen-panda:20190403235349j:image

バスは1時間に一本ほど

 

時刻は15:30

次のバスは16:15

タイミングが悪く

しばらく来ない時間でした

 

路線図を見てみると

2つ先のバス停が車庫の様なので

何かあるかも

 

歩いて行ってみましょう

 

練馬車庫まで歩こう


f:id:omen-panda:20190403235224j:image

鉄道の高架をくぐる


f:id:omen-panda:20190403235400j:image

T字路は左に進路をとる

右手には花小金井までバスはないですからね


f:id:omen-panda:20190403235338j:image

車社会の色がだいぶ薄い街並みです


f:id:omen-panda:20190403235356j:image

なぞの大根のキャラクターも

こういうキャラクターの

知名度ってどうなんでしょうね



f:id:omen-panda:20190403235325j:image
f:id:omen-panda:20190403235254j:image

桜並木が美しいです


f:id:omen-panda:20190403235329j:image

1つ目のバス停を通過


やがて練馬車庫が見えてきました
f:id:omen-panda:20190403235341j:image

 

 

そして

ここまで来て良いことが


f:id:omen-panda:20190403235236j:image

 

バスの本数が格段に増えています!


f:id:omen-panda:20190403235240j:image

次の一手を考えるため路線図をぱしゃり


f:id:omen-panda:20190403235232j:image

 

バス停をとりつつ待っていると

車庫からバスが出てきました


f:id:omen-panda:20190403235352j:image

 (白61新宿行)

 

次回予告

いよいよ23区内に突入していきます

 

次回は23区の攻略です

はなして海を見ることはできるのか

お楽しみに

 

おめんパンダ

twitterは[@omen_panda]

街歩きで出会った風景と

ブログの更新をつぶやいています

ぜひフォローをお願いします