おめんぱんだのひたすら街歩き

大好きな街の景観や都市計画を歩いて綴ってます

【企画】都バスで1番の山奥から海まで横断しやがれ(前編)

まえがき

おめんぱんだです

都営バスで海まで行くシリーズ

今回は青梅車庫からスタートです

 

このシリーズのスタートはこちら

omen-panda.hatenablog.com

 

今回の記事より

このシリーズの記事中に

路線図の掲載出来ることに

なりました!

 

路線図につきましては

愉会様

『Bus Service Map』

www.rosenzu.com

より許諾を頂いています

この度はありがとうございます

 

早速本編ですどうぞ

 

旅のルールを決めよう

都営バスの企画ですので

都営にこだわりたいものと

勝手に思っているので

ルールを課したい思います

 

☆ルール

・移動の予算は1000円

 (↑都営まるごときっぷ含む)

f:id:omen-panda:20190331194920j:plain

 

・とにかく海に向かう事

 

今回はこの縛りにしたいと思います

 

にっちもさっちも

行かなくなっても

乗り放題のきっぷを買った私に

許されたのは残り300円

 

このルールが

のちに私を悩ませる事は

まだ自分の知る由もないのでした

 

いよいよスタート

いざバスへ

f:id:omen-panda:20190402122653j:image

バスはスタンバイOK


f:id:omen-panda:20190402122807j:image

いい味の待合所

席が温まる機会は少ないかな

 

f:id:omen-panda:20190402122335j:image

いざ車内へ

 

f:id:omen-panda:20190402122535j:image

 

中乗りの都営バスと

都内では滅多に見ない

整理券発券機に

違和感を覚えつつ

バスに乗車

 

23区は前乗り先払いですからね

 

11:15

いよいよ都バスは

標高最高地点の上成木を

定刻に出発です

 

f:id:omen-panda:20190402123039j:image

さよなら最高点


f:id:omen-panda:20190402123035j:image

(景色が動き始める)

 

都バスが魅せるアナザー東京

f:id:omen-panda:20190413153039j:plain

この系統は『梅76甲』

山中を縫うように走り

青梅駅へと下る路線です

 

景色は渓谷を眼下に収め

バスは唸りを上げながら

S字カーブの

山を下っていきます

f:id:omen-panda:20190402123519j:image

迫り来る山や

山村らしいビニールハウス

 

f:id:omen-panda:20190402123626j:image

 

移りゆく車窓に

緑が多いのが楽しいものです

バスは高度をどんどん下げていきます

 

やがて少しずつ

色彩が増えていきます

 

f:id:omen-panda:20190402123845j:image

信号機のお目見えです

 

これだけでも

里に降りてきたと思い

この自然溢れる環境に

身をひとつにしている様でした

 

 

バスが人里まで降りると

趣きが残った

交差点と出会いました

 

f:id:omen-panda:20190402124155j:image

(バス背後より)

 

昔ながらの商店や

行き交うダンプ

細い街道に迫り来る里山

 

昔の街道って

こういう風景あったよねを

体現している様な風景です

 

なんだかエモい

 

東京でありながら東京ではない

これらの景色と通して

都心に香らない街の香りが

五感を包み込む様でした

 

どうやら

段々と道路にも

賑わいが見えはじめてきました

 

バスの進路は賑わう方へ

f:id:omen-panda:20190402201243j:image

バスは次第に青梅の中心部へ

前方の車窓にはブレーキランプが

光る様になってきました

 

車窓は緑色から

多種多様な色へと変貌していきます

 

f:id:omen-panda:20190402204353j:image

かなり数字の大きめな小さい公園や


f:id:omen-panda:20190402201308j:image

 本当に大きい青梅市役所

 

出発地点であった

上成木からは想像できない風景ですけど

同じ青梅市内なんですよ!

 

バスはついに鉄路と交わり

青梅線と顔を合わせます


f:id:omen-panda:20190402201248j:image

 

最高地点の場所だけ調べてきた私

 

ほぼ始めてくる土地に

土地勘などなく

とりあえず序章で登場した

青梅駅まで乗ることにしました

 

バスはいよいよ終点

f:id:omen-panda:20190402201256j:image

建物がひしめき合うように

バスは狭い街道路を縫うように進み

ついに青海駅前のアナウンス


f:id:omen-panda:20190402201300j:image

バスは駅前ロータリーへ

 

11:50過ぎ

バスは青海駅に到着です


f:id:omen-panda:20190402201252j:image

 ついに到着

 

 

人通りは少ないですが

街の交通の結節点は

賑わいを感じますね

 

次のバス決めに四苦八苦

ひとまず案内板へ

上成木行き以外のバスを知らない私

 

とりあえず序章で見た

案内板の元へ

 

f:id:omen-panda:20190331163911j:plain

(写真は再利用)

 

案内図を見ても

地名と方向が一致せず

困り果てた私

 

とはいえこの中から

探さなければいけません

 

車庫に行けば

今後のことも

相談できるかも

 

そんな事を思っていると

青梅車庫行きのバスが

急がねば

 

ひとまず車庫へ

慌てて飛び乗ると

すぐに発車

 

(写真を撮る暇もない)

 

でもよくよく考えると

青梅車庫ってどこにあって

どれくらいかかるのだろう

 

そんな事を思っていると

5分程で青梅車庫に着きました

 

f:id:omen-panda:20190402220734j:image

(これは乗ってきたものとは違うバス)

 

次の一手は決まるかな?

青梅車庫には

営業所がある模様

早速入って聞いてみる事に


f:id:omen-panda:20190402220920j:image

青梅車庫と営業所

 

カランカラン

お「ここからバスで都心の方に

       向かいたいのですが」

職「花小金井までならありますよ」

お「花小金井はどの辺りです?」

職「西武新宿線の駅です」

お「どれくらいかかりますか?」

職「1時間半くらいです」

お「その先の都バスはあります?」

職「都バスはないんですよね

 

(唯一行ける花小金井駅) 

 

なんという事でしょう

乗車時間も凄いですが

早々に手詰まり

 

f:id:omen-panda:20190403222542j:image

(バスはいっぱいあるけどね)

 

どう打開しよう

花小金井からの手詰まりに困った私

 

しかしながら

対応していただいたのが

親切な職員の方でして

いくつか23区内の都営バスへ

乗り継ぐ案を教えていただきました

 

1:他社線のバスでの乗り継ぎ

花小金井駅から吉祥寺行きのバス

吉祥寺から中野行きで新高円寺まで

そこから都営バスへ乗り継ぎ

 

2:花小金井駅から西武新宿線野方駅へ

そこから都営バスへ乗り継ぎ

 

3:西武新宿線と大江戸線で練馬駅

そこから都営バスへ乗り継ぎ

 

3つの案をメモを取り

今後の予定はバスの中で

煮詰める事にしました

 

青梅車庫の方々

ありがとうございました

 

海の香りはまだ遠く

ようやく23区への

手掛かりを見つけた

おめんぱんだ

 

まだまだ景色は山色

 

f:id:omen-panda:20190403223609j:image

(なんかもう凄い坂)

 

はたして

海への道は見つけられるのか

 

お楽しみに

 

おめんパンダ

twitterは[@omen_panda]

街歩きで出会った風景と

ブログの更新をつぶやいています

ぜひフォローをお願いします